アロマテラピー ブログ⑥【精油:ペパーミント】| 東京都練馬区 太陽堂

FROM 嵯峨野祐輔

練馬区 平和台の治療院より、、

 

 

第6回目となりました

大好評いただいております

アロマテラピーブログをお届けします!

 

 

 

 

毎回読んでくださっている方から、

うれしいご感想もいただき、感謝です!

ちょっとだけご紹介しますね(*´ω`)

★東京都在住 Aさま

オレンジ・スイートの香りを枕元に置いて就寝したら、目覚めがスッキリしました✨

 

早速実践いただいたようで

大変うれしく思います!

※前回の「オレンジスイート」についての記事も読んでみてください(^^)/

 

 

 

 

 

 

さて今回のアロマテラピーブログ

精油「ペパーミント」を掘り下げたいと思います!

 

 

ペパーミントは別名セイヨウハッカともいわれ、

スッとした香りがするあれです。

ガムなどにはミント味でス~~っとする味が多いですよね。

ロッテの名作「クールミントガム」にも

ペパーミントがふんだんに使われていますよ♪

 

 

ペパーミント

学名: Mentha piperita
科目: シソ科
産地: イギリス、フランス、アメリカ
抽出法・部位: 水蒸気蒸留法/葉
作用: 神経強壮、制吐、健胃、消化促進、鎮痛、抗菌、消臭、頭脳明晰化、刺激、止痔、鎮静&興奮
成分分類: モノテルペン炭化水素類、モノテルペンアルコール類、ケトン類
使用上の注意: 刺激が強いので使用量を守ること、ケトン類が含まれているので妊娠中の人や乳児に使用しない事。
香り: フレッシュなメントールの香り
相性の良い精油: 柑橘系オイル、サイプレス、シダーウッド、ゼラニウ、パイン、ラベンダー、ローズマリー

 

 

ミントは世界で最も重要な香辛料の植物であり、薬草でもあるといわれています。

 

ミント類の葉から抽出された揮発性のある精油は、薬・飲み物(ハーブティなど)、甘味、化粧品、香水、タバコの添加物(メントールタバコですね)など色々なものに利用されています。

なかでも

ブラックペパーミント

カーリーミント

この2種類は重要とされており、

アメリカで主に栽培されています。

 

 

 

化粧品として使われるペパーミントは、

毛穴を小さくして輝きをもたらし、リラックス効果・殺菌効果のほか

清涼感を与え、頭髪の油分のバランスを保つと言われています。

 

また主な成分である「メントール」には

  • 痛みを和らげ
  • 清涼感をもたらし
  • かゆみを和らげる

といった薬用効果が期待できます。

これは、刺激性の効果が、ほかの感覚(不快な痛みや熱感、かゆみなど)をかき消してくれるためと言われています。

 

また入浴の際に精油を入れると乾燥肌に効果があり

フェイスパックに利用すると輝く肌に導くことができます。

※ミントを外用に使用する場合は濃度に注意。敏感肌の方は刺激により湿疹が生じる場合があります

 

 

子供用の虫よけとしても利用されるペパーミント。

私たちの生活になじみ深いペパーミント精油。

 

スッキリした明日のために役立ててみてはいかがでしょうか(^^♪

ペパーミント精油の購入はこちらがおススメ

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お気軽にお問い合わせください

03-3936-0808

受付時間 9:30〜18:30(日曜定休)


練馬区の訪問マッサージ太陽堂

住所:
〒179-0083
東京都練馬区平和台3-22-19

電話(FAX):
03-3936-0808 (03-3936-0809)

メール:
info@taiyo-dou.com