アロマテラピー ブログ㉓【精油:グレープフルーツ】| 東京都練馬区 太陽堂

 

 

FROM 嵯峨野 都

練馬区 平和台の治療院より、、

 

 

第23回目、

今週のアロマテラピーブログ

さわやかでほろ苦い

清涼感あふれる香り、

グレープフルーツ」です!

 

 

 

 

グレープフルーツ

学名: Citrus paradisi
科目: ミカン科
産地: アメリカ、アルゼンチン、イスラエル、南アフリカ
抽出法・部位: 圧搾法/果皮
作用: 抗うつ、神経強壮、循環器系強壮、利尿、肝臓強壮、体液バランス調整
成分分類: モノテルペン炭化水素類、ラクトン類
使用上の注意: 皮膚につけたら、使用後5~6時間は日光に当たると炎症を起こすことがあるので(※光毒性)気を付けること。刺激があるので、塗布する場合は低濃度で他の精油とブレンドして使用すること。また、投薬されている方は注意すること。
香り: 甘くほろ苦いフルーティな香り
相性の良い精油: 他の柑橘系オイル、サイプレス、ジュニパー、ゼラニウム、パルマローザ、パイン、ラベンダー、ローズマリー

 

 

 

グレープフルーツ精油の効能として

よく知られているのは

ダイエット効果ですね

 

ヌートカトンという成分が、

エネルギーを消費させる神経を刺激して、

脂肪を燃焼させる「UCP」

というタンパク質の分泌を促進

してくれます。

 

また、柑橘系精油に多く含まれる

リモネンという成分を豊富に含み、

気分をリラックスさせ、

血流&消化器の働き促進

効率よく脂肪を燃焼させてくれます。

 

 

グレープフルーツには

食欲を抑える芳香成分も含まれるので、

空腹時に香りを嗅ぐと

食欲をコントロールしてくれます。

 

まさにダイエットにはもってこいの精油ですね!

 

妊娠期のつわりを軽減したい方も

ぜひお試しください。

 

 

 

他にも、

集中力を高める効果にも優れ、

脳内の情報処理速度を高める効果

も期待できるそう。

 

ストレス性の頭痛やうつを予防・軽減

緊張を和らげる作用もあります。

 

 

また、

オイルマッサージに使用すると、

セルライトケアや、

女性ホルモンの乱れが原因の

むくみを解消する作用もあります。

キャリアオイル10mlに対し、

身体に塗布するなら精油2滴(0.1ml)

の割合で希釈しましょう。

お顔へ塗布する場合は、

やや刺激があるので

他の精油とブレンドして使用します。

光毒性があるので

外出は避ける、日が沈んだ夜間に使用するなど

注意して使用してくださいね。

(※光毒性については上記の【使用上の注意】欄参照)

 

 

ただし、

「薬との飲み合わせにより、

グレープフルーツが摂取できない」

という方は注意が必要です。

 

 

グレープフルーツを食べたり飲んだりすると、

グレープフルーツに含まれる

フロクマリン(またはフラノクマリン

という物質が

薬を分解する小腸の酵素の働きを

邪魔してしまうので、

薬の効き目が極端に強くなって

しまうといわれており、

医師や薬剤師から避けるよう言われている

方もいらっしゃるかと思います。

 

グレープフルーツの精油はほとんど

香らせて使用飲むことはないので、

上記のような作用は少ないですが、

念のため・・・

降圧剤、睡眠剤、抗てんかん薬、向精神薬、

免疫抑制剤、鎮静剤などを服用しており、

グレープフルーツ摂取制限されている方

は避けた方が良いでしょう。

また、上記のすべての薬が

相互作用を起こすわけではありません。

気になる方は、

医師に相談されることをお勧めします。

 

 

 

 

 

★「アロマブログ」は水曜日に配信予定です★

★太陽堂では皆さまのご意見・ご感想をいただけると大変ありがたいです★

↓ご意見ご感想はメールでコチラまで↓

info@taiyo-dou.com


お気軽にお問い合わせください

03-3936-0808

受付時間 9:30〜18:30(日曜定休)


練馬区の訪問マッサージ太陽堂

住所:
〒179-0083
東京都練馬区平和台3-22-19

電話(FAX):
03-3936-0808 (03-3936-0809)

メール:
info@taiyo-dou.com