アロマテラピー ブログ㉛【精油:ローズマリー各種】| 東京都練馬区 太陽堂

 

FROM 嵯峨野 都

練馬区 平和台の治療院より、、

 

 

 

31回目となります

アロマテラピーブログです!

今週は・・・

肉料理の臭み消しなど

お料理でも欠かせないハーブとしてお馴染みの

ローズマリー」です!

 

 

 

 

ローズマリーは

同一学名の植物でも、

生育条件の違いにより

精油の構成成分が大きく異なる

ケモタイプ(化学種)があり、

効能・香りの異なる3種類があります。

それぞれご紹介してまいります!

 

 

 

 

ローズマリー・シネオール

学名: Rosmarinus officinalis ct(cineoliferum)
科目: シソ科
産地: モロッコ、フランス
抽出法・部位: 水蒸気蒸留法/花、茎、葉
作用: 去痰、粘液融解、鎮痛、うっ血除去、殺菌、抗菌、収れん、精神強壮、健胃、強肝、血圧上昇 など
成分分類: オキサイド類(約50%)、モノテルペン炭化水素類(約20%)、ケトン類(約10%)
使用上の注意: 特になし
香り: さわやかですっきりした香り
相性の良い精油: 柑橘系の精油、ラベンダー、ゼラニウム、ティートゥリー、ユーカリ、フランキンセンス など

 

ローズマリー精油の中でも、

最も一般的で作用も穏やかなシネオール。

「ローズマリー」とのみ表記されている精油は

ほぼこちらの

ローズマリー・シネオールになります。

 

去痰作用のある1.8-シネオール

の含有率が約50%と高く、

呼吸器系の不調など感染症対策

おすすめです。

 

アロマテラピーブログ㉗【精油:ユーカリ】

では、同じく1.8シネオール含有量の多い

ユーカリをご紹介しましたが、

香りの好みで

ローズマリー・シネオールを

選択するのもアリですね!

殺菌作用はやや弱めなので、

ティートゥリーなどの精油と

組み合わせて使用すると良いですよ。

 

 

カンファー(カンフル)という

神経を刺激する成分が

約10%含まれるので、

集中力アップも期待できます。

他にも、

消化器系の不調や疲労・衰弱にも有効

です。

 

 

 

ローズマリー・カンファー

学名: Rosmarinus officinalis  ct(camphoriferum)
科目: シソ科
産地: スペイン、クロアチア、フランス
抽出法・部位: 水蒸気蒸留法/花、茎、葉
作用: 神経強壮、頭脳明晰、殺菌、抗菌、血流改善、鎮痛、血圧上昇、健胃、強肝、脂肪溶解 など
成分分類: モノテルペン炭化水素類(約30%)、オキサイド類(約20%)、ケトン類(約20%)
使用上の注意: 幼児、妊産婦、高齢者、高血圧、てんかん既往歴のある方は避ける
香り: シャープですきっとした薬草のような香り
相性の良い精油: 柑橘系の精油、ラベンダー、ユーカリ、フランキンセンス、ペパーミント、シトロネラ など

 

ローズマリー精油の中で

神経を刺激するカンファー(カンフル)

という成分の含有率が約20%と高い種類で、

気分を高揚させ、

集中力アップが期待できます。

カンファーには

脂肪を溶解・燃焼する作用もあり、

ダイエット効果も!

特に体脂肪が多いタイプ

におススメです。

 

アロマテラピーブログ㉓【精油:グレープフルーツ】

にて、ダイエット効果のある精油として

グレープフルーツをご紹介しましたが、

ローズマリー・カンファーと併用

して使ってみたり、

グレープフルーツ精油は

服用中の薬への影響が心配だから・・・

という方は、

こちらを使用してみてはいかがでしょう?

 

また、

アロマテラピーブログ⑪【精油:レモン】

にて、

認知症予防に効果のある精油のブレンドとして

ローズマリーをご紹介しましたが、

特にこのローズマリー・カンファー

最も認知症予防・改善に効果的

といわれています。

 

 

他にも、

肩こりや筋肉痛、神経痛の緩和

にも期待できますよ。

 

ただし、カンファーは

神経を刺激する作用があることから、

高血圧やてんかん既往歴のある方、

小児や妊産婦は使用を避ける

ようにしてください。

 

 

 

ローズマリー・ベルベノン

学名: Rosmarinus officinalis ct(verbenoniferum)
科目: シソ科
産地: コルシカ島、フランス
抽出法・部位: 水蒸気蒸留法/花、茎、葉
作用: 去痰、粘液溶解、神経強壮、強肝、皮膚組織再生、創傷治癒、胆汁分泌促進、血圧上昇、脂肪溶解 殺菌、抗菌 など
成分分類: モノテルペン炭化水素類(約40%)、ケトン類(約15%)
使用上の注意: 幼児、妊産婦、高齢者、てんかん既往歴のある方は避ける
香り: 渋みのあるさわやかな香り
相性の良い精油: 柑橘系の精油、ラベンダー、ユーカリ、ゼラニウム、フランキンセンス、サイプレス、ティートゥリー など

 

ローズマリー精油の中で、

ベルべノンという成分の

含有量が約15%と高く、

皮膚組織の細胞再生作用があり、

皮膚刺激も少ないことから、

しわなどの加齢肌や傷のスキンケア

抜け毛などの頭皮ケアとしても、

古くから使われているそうです。

 

 

また、脂肪溶解作用もあるので

セルライトケアにもおすすめです。

 

 

 

ローズマリー精油はいずれも共通して

血圧上昇作用があります。

高血圧の方は使用を避けるか、

血圧を下げる作用のあるラベンダー

と併用するとよいですよ!

 

 

 

数ある精油の中でも

メジャーな精油であるローズマリー。

それぞれの種類を上手に使い分けて、

お楽しみください♪

 

 

 

参考文献:川端一永『医師がすすめる「アロマテラピー」決定版』

★「アロマブログ」は水曜日に配信予定です★

★太陽堂では皆さまのご意見・ご感想をいただけると大変ありがたいです★

↓ご意見ご感想はメールでコチラまで↓

info@taiyo-dou.com


お気軽にお問い合わせください

03-3936-0808

受付時間 9:30〜18:30(日曜定休)


練馬区の訪問マッサージ太陽堂

住所:
〒179-0083
東京都練馬区平和台3-22-19

電話(FAX):
03-3936-0808 (03-3936-0809)

メール:
info@taiyo-dou.com