むくみのブログ⑩ リンパ浮腫とは?その2|東京都練馬区 太陽堂

 

平和台の治療院より、、

 

 

こんにちは!太陽堂の嵯峨野 都です。

すっかり肌寒い季節になりましたね。

最近はむくみでお悩みの患者様で、

むくみの具合があまりよくないというお声が

多いように感じます。

むくみに影響を及ぼすリンパ管

自律神経の乱れに大きく影響を受けます

寒暖差で自律神経が乱れがちな季節ですので、

皆さんもお気を付けくださいね。

 

 

 

さて、

今回は、前回の「むくみのブログ⑨」に続いて

「リンパ浮腫とは?その2」です!

 

これまで多くのリンパ浮腫患者様に

お会いしてまいりましたが、

その中で、よくある思い違いや

良かれと思って行っていることが

逆効果だったりする事例を

度々目にしてまいりました。

 

そこで今回は、

よくありがちな例を挙げてまいります。

これを機に、

正しい理解を深めて頂けると有難いです♪

 

 

・むくみのすべてが「リンパ浮腫」ではありません。

前回でも述べましたが、

リンパ浮腫ではないのに

「リンパ浮腫」と診断される

ことがあります。

リンパ浮腫は近年ようやく

広く認知されるようになりましたが、

20年ほど前まではあまり知られておらず、

それが今も尾を引いているためでしょう。

 

リンパ浮腫の9割

がん治療により発症します。

発症するのはがん患者さんの一部ですが、

がん罹患者が増加している現状、

今後もリンパ浮腫を発症する方は

増えてゆくでしょう。

そしてリンパ浮腫は発症すると

一生付き合ってゆく疾患です。

「通常のむくみ」と「リンパ浮腫」とでは、

むくむ仕組みも、

治療の仕方も異なってきます。

自身のむくみが本当にリンパ浮腫なのか、

正しく理解しておきましょう。

 

リンパ浮腫を発症する原因については

「むくみのブログ⑨リンパ浮腫とは?その1」

をご覧ください。

 

 

・リンパ浮腫は、すぐに発症するとは限りません。

リンパ浮腫という疾患が

知られるようになるにつれ、

まだむくみが出ていない段階から、

「リンパ浮腫なのではないか」

と心配される方が増えました。

 

リンパ浮腫を発症するリスクのある

治療をうけた場合、

事前に病院側からその説明を受けるでしょう。

ですが、必ずしも誰もが

リンパ浮腫を発症するわけでは

ありません。

 

早い段階でリンパ浮腫を発症する方

もいれば

数年~十数年後に発症する方もいます。

 

中には、むくみへの不安感や予防のためにと

マッサージを一生懸命行ったり、

弾性着衣を使用している方もいるようです。

でも、それが

現段階では必要ない場合もありますし、

リンパ浮腫の予防ができるわけでも

ありません。

手術直後は、

手術の影響で一時的に

むくみが生じることがあります。

気になる時は慌てず、

主治医やリンパ浮腫専門医へ

相談されることをおススメします。

 

リンパ浮腫の診断をしてくれる

医療機関につきましては、

廣田 彰男 先生

リンパ浮腫専門クリニック

『広田内科クリニック』

がおすすめです!

・・・というのも、私自身

リンパドレナージセラピストとして

長年勤務させて頂いております。

とっても優しい先生です。

廣田先生は

浮腫治療の第一人者であり

リンパ浮腫に関する著書も多数出版

されています。

リンパ浮腫にご興味を持たれた方は

先生の書籍を手にとられた方も

多いのではないでしょうか?

リンパ浮腫の診断をしてくれる

病院をお探しの方は

是非下記ホームページへお問合せください♪

広田内科クリニック ホームページ

 

 

・リンパ浮腫は急激にはむくみません。

リンパ浮腫は、

発症してすぐ

大きくむくむ事はありません。

ネットや本などで掲載されている写真を見て、

「自分もこうなるのでは?」

と不安になる方がいらっしゃいます。

ですが、リンパ浮腫の写真として用いられる

大きくむくんだものの多くは

何年も経過して形成されたむくみ

だったり、

炎症を起こし急激にむくんだものです。

 

そう、リンパ浮腫は炎症を起こす

ことがあります。

(炎症状態が悪化したものを蜂窩織炎といいます)

 

リンパ節は本来、

体内に侵入した病原菌を捕まえ、

体内での増殖を抑える働きをしています。

しかし、リンパ浮腫の方は

その機能が落ちているので、

侵入した菌が体内に侵入して留まりやすく、

むくみが滞って流れにくい部位で

細菌はどんどん増殖し、

炎症が起きてしまいます。

 

「ある日急にむくみ出した!」

それはもしかしたら

炎症が起きているからかもしれません。

炎症が起こると、

皮膚の赤みや発疹、熱感や痛み、

ひどくなると発熱も起こします。

これもよくあるパターンなのですが、

むくみが急に強くなったので、

一生懸命揉んでいた

(強めのマッサージを受けた)とか、

お風呂で温めた

という方がいます。

これらは全て、

症状を悪化させる典型例です。

炎症が起こっている場合は

以下の処置・対応を行います。

・抗生剤での治療

・冷却

・マッサージの中止(マッサージで一時良くなったとしても、血流が良くなることで、ますますむくんでしまいます)

 

急激にむくんで、なんだか赤い・・・

肌も熱があるような・・・

すこしでも異変を感じたら、

医療機関へ受診してください。

リンパ浮腫の方が炎症を起こすと

非常にやっかいです。

早い段階で処置できれば、

治りも早いのですが、

処置が遅れると、

完治するまで数か月かかる

場合もあります。

また、

リンパ浮腫の方が一度炎症を経験すると、

その後も炎症を繰り返し発症する

場合があります。

炎症は一般的に、

傷口から侵入した細菌が原因で起きる

ことが多いのですが、

リンパ浮腫の場合の繰り返す炎症は、

免疫力が落ちたりした時でも

再発することがあります。

炎症を繰り返すたび、

むくみの悪化につながります。

できるだけ炎症は起こさず、

安定した状態を

維持し続けることが大切です。

 

むくみのある部位は新陳代謝が悪く、

肌荒れを起こしやすいので、

保湿クリームなどでスキンケアし、

いつも清潔な状態に保ちましょう。

 

 

・圧迫圧の弱い弾性着衣を使用していませんか?

「むくみのブログ⑥ 正しいむくみの対処法【圧迫】その1」

でも書きましたが、

リンパ浮腫、特に足の方が使用する弾性着衣は

圧迫圧がとても強いものになります。

 

でも、リンパ浮腫に適切な圧を知らずに

圧の弱いストッキングを履いている

方がいらっしゃいます。

きつくて履くのがかなり大変なので、

あえて弱い圧を着用される方も

いらっしゃいますが、

むくみをしっかり改善したいなら、

リンパ浮腫に適した圧の

弾性着衣を使用することをお勧めします。

正しい着用の仕方をしっかり身に付け、

コツを掴めば

上手に履くことができるようになりますよ。

 

 

 

 

 

 

★「むくみのブログ」は第2水曜日に配信予定です★

 

LINEやってます

◉リンパ浮腫についての無料相談

◉無料体験マッサージ(訪問施術)のお申込

◉ルート治療についての質問やご予約

キャンペーン情報や割引クーポンの配信もしていますので

ぜひご登録ください!

↓以下ボタンをタッチすると登録できます↓

友だち追加


お気軽にお問い合わせください

03-3936-0808

受付時間 9:30〜18:30(日曜定休)


練馬区の訪問マッサージ太陽堂

住所:
〒179-0083
東京都練馬区平和台3-22-19

電話(FAX):
03-3936-0808 (03-3936-0809)

メール:
info@taiyo-dou.com