むくみのブログ⑤ 正しいむくみの対処法【挙上】|東京都練馬区 太陽堂

 

FROM 嵯峨野 都

平和台の治療院より、、

 

 

 

 

こんにちは!太陽堂の嵯峨野 都です。

 

前回はむくみの原因について

取り上げてまいりました。

ご自身に心当たりのある

むくみの原因はみつかりましたか?

 

 

さて、ここからは

むくみの対処法について

ご紹介してまいります!

 

方法はいくつかあります。

でも、その方法が間違ってるケース

ものすごーく!多いです。

「良いと言われてやってみたけど、

なかなか良くならなくて・・・」とか、

「やったら逆に悪化した!」

なんて話もよく聞きますが、

実際どのように、

何を使っていたかなど確認すると、

「それ、やり方が間違ってます・・・」

というケースが度々目につきます。

 

今あなたが行っているむくみ対処法、

本当に正しくできていますか⁈

 

 

まず、今回ご紹介するむくみ対処法は

むくみ対策基本中の基本!

「挙上」です。

挙上・・・つまり、

「むくんだ部位を高く上げる」こと。

すごーく地味で単純な対処法、

でもこれが

一番簡単で効果も高い方法です。

 

 

むくみの原因となる水分は

血液中に含まれます。

血液は、心臓から押し出されて全身に送られ、

また心臓へと戻ります。

でも、地球には重力があるので

心臓より低い位置にある足などの部位は

心臓へ血液を押し戻すには労力がいりますね。

だから、足は一番むくみやすい部位なのです。

 

ならば単純に、

むくんでいる部位を

心臓の位置より高くすれば、

むくみは引きやすくなります。

一番悩みの多く聞かれる

むくんだ足を心臓より高い位置に

もってくるのは・・・

寝る時!もしくは

ソファなどにゴロっと横になる時

・・・でしょうか。

一日たまった足のむくみは、

就寝時にむくんだ部位を高くする事で

解消しましょう。

 

 

とっても簡単な対処法である「挙上」。

だけど皆さん、あまりやってないですね・・・

お話を聞くと、

「足を高くすると疲れちゃうから」

とか、

「やってみたけどあまり効果がない」

なんて声もあります。

でも、

就寝時の挙上を

どのようにしているか確認すると、

実に単純な理由で

うまくいっていないケースが多いです。

 

 

【よくある「挙上」の失敗例①】足周りだけ高くしている。

 

これでは、

寝返りをうった時に足が落ちたり、

クッションを蹴飛ばしてしまいます。

 

【よくある「挙上」の失敗例②】膝下に座布団などを丸めて敷いている。

 

これでは膝が一番高い位置にあるので、

膝から下の部位のむくみがとれません。

 

【よくある「挙上」の失敗例③】足の下に隙間ができている。

 

「足を上げて寝るとなんだか疲れる・・・」

それは足と布団の間に

隙間ができて浮いているから。

これでは足の力が抜けきらないので

疲れてしまいます。

 

【よくある「挙上」の失敗例④】足を高く上げ過ぎている。

 

この写真は大げさですが・・・

よかれと思って、足を思い切り高くして

寝ているという方もいます。

でもそれでは寝返りもうちにくく

嫌になって継続できませんよ。

 

就寝時の足の正しい挙上の方法

 

極端に高く上げる必要はありません。

1番高いかかとを置く部分は

座布団2~3枚分程度の高さくらい。

膝にかけて隙間がないように

緩やかな傾斜のある

「挙上」用クッションを作ります。

敷布団と同じくらい幅のある

タオルケットや布団、大きめの座布団などを

重ねて作るとよいでしょう。

それを敷布団の下に入れ込んで

しまえば、寝返りでずれる心配もありません。

 

 

内臓疾患など

何らかの疾患が原因で起こるむくみは、

挙上してもなかなか引かない場合もあります。

ですが、簡単にできて効果も出やすいので、

まずは正しい方法で

ぜひ「挙上」を試してみてください!

 

次回も、むくみの対処法をご紹介いたします!

 

 

 

★「むくみのブログ」は第2水曜日に配信予定です★

★太陽堂では皆さまのご意見・ご感想をいただけると大変ありがたいです★
↓ご意見ご感想はメールでコチラまで↓
info@taiyo-dou.com

 


お気軽にお問い合わせください

03-3936-0808

受付時間 9:30〜18:30(日曜定休)


練馬区の訪問マッサージ太陽堂

住所:
〒179-0083
東京都練馬区平和台3-22-19

電話(FAX):
03-3936-0808 (03-3936-0809)

メール:
info@taiyo-dou.com