むくみのブログ⑥ 正しいむくみの対処法【圧迫】その1|東京都練馬区 太陽堂

 

FROM 嵯峨野 都

平和台の治療院より、、

 

 

 

こんにちは!太陽堂の嵯峨野 都です。

梅雨の季節ですね。

ジメジメと湿度が高いうえ、

雨で部屋に閉じこもりがち。

身体を動かす機会も減っているので

むくみも生じやすい時期ですね。

 

 

さて、

前回はむくみの対処法基本中の基本!

【挙上】について

取り上げてまいりました。

皆さん、正しい【挙上】はできていましたか?

 

今回は、【挙上】と並んで

むくみの対処法の基本ともいえる

【圧迫】について

お話してまいります!

圧迫・・・つまり、

むくんでいる部位を、

圧のある着衣や包帯などを使用して

圧迫することです。

 

ソックスやストッキングタイプのものを

弾性着衣、圧迫着衣、着圧ソックス

などと言いますが、

ここでは「弾性着衣」の名称に

統一して説明してまいります。

 

なぜ圧迫すると

浮腫が改善するのでしょう?

むくみのブログ③の中の【原因③】にて、

皮膚が伸びるとむくみが生じる

ことを述べました。

加齢により肌のハリが低下すれば、

皮膚はたるんで更にむくみやすくなります。

 

ならば、弾性着衣で外側から

皮膚が引き伸ばされないよう

おさえてあげれば良い!

というわけです。

さらに、

弾性着衣を履いた状態で運動を行えば、

皮膚と筋肉に挟まれて走行する

静脈やリンパ管を

内側と外側の両方向から刺激して、

血液や水分をくみ上げる形になり、

(これを筋ポンプといいます。)

よりむくみが解消されやすくなります。

 

 

「弾性着衣はいつ・どれくらい履いたら良いの?」

との質問もよく頂きます。

人は、多くの時間立ったり座ったりして

重力により水分が足に溜まりやすい状態です。

なので、理想でいえば弾性着衣は

就寝時以外はいつも履いている

ことをお勧めします。

軽いむくみ程度なら、リラックスできる時間は

外していてもかまいません。

 

逆を言えば基本的には、

就寝時に弾性着衣を履く必要はありません。

前回のむくみブログ⑤を参考に

就寝時は上手に足を挙上してくださいね。

 

 

ちなみに私は

「弾性ストッキングコンダクター」

という資格を有しています。

弾性着衣は、

間違った着用や製品の選び方で

逆にむくみが悪化することがあります。

この資格は、適切な弾性着衣を選ぶ

アドバイスが行えることを

示す専門資格です。

というわけで、ここからは

適切な弾性着衣選びのポイント

ご紹介してまいります!

 

【弾性着衣選びのポイント①】医療用か?市販品か?

弾性着衣には、医療機器メーカーが取り扱う

医療用のものと、

薬局などで手に入る

一般的な市販品があります。

でも最近はネット通販で

医療用の弾性着衣も気軽に

購入できるようになりました。

医療用の弾性着衣は、

圧迫圧が綿密に設計して作られており、

むくみ軽減効果も高いです。

お値段は4000円〜10000円以上

ややお高め。

一方、一般的な市販品

「美脚」効果を売りにしたものが多く、

医療用に比べて若干効果は劣るものの、

最近の製品はなかなか優秀で、

効果もしっかり期待できます!

お値段は1000円〜2000とお手頃です。

まずは市販品でお試し頂くと

良いかもしれませんね。

 

【弾性着衣選びのポイント②】圧迫圧は自分に合っているか?

弾性着衣の圧迫圧は、

おおまかに4段階に分けられ、

それぞれむくみの原因や症状により

適した圧の製品を選択します。

ちなみに、圧迫圧を示す単位として

mmHg(ミリメートルエイチジー)

hPa」(ヘクトパスカル)

があります。

医療用は「mmHg」、

一般的な市販品は「hPa

の表記が多いようです。

ネットで調べたところ、

1mmHg=1.333hPaだそう。

以下を参考に、自分に適した圧迫圧を選ぶと良いでしょう。

 

・20mmHg未満:健常者、深部静脈血栓症予防、静脈瘤の予防 など

・2030mmHg:軽度静脈瘤 など

・3040mmHg:下肢静脈瘤、静脈血栓後後遺症、上肢リンパ浮腫、軽度下肢リンパ浮腫 など

・4050mmHg:下肢リンパ浮腫 など

※各メーカーにより、圧数値の表示が異なる場合があります。

 

・・・つまり、

下肢リンパ浮腫と診断された方が

(むくみの程度によりますが)

20mmHg未満の弾性着衣を使用しても、

効果はあまり期待できないということです。

 

なお、一般的な市販品の弾性着衣

ほぼ健常者向けの20mmHg未満の圧です。

それ以上の圧のものとなると

医療用の製品になります。

 

たまに、

静脈血栓予防用のソックス

むくみ予防に使用している方が

いらっしゃいます。

入院手術をされた際に処方されたものを

使用してらっしゃる方が多いようです。

確かに15mmHg 程度の圧で、

むくみの予防用としては適圧ですが、

こちらはあくまで静脈血栓予防用であり

むくみ予防用としては適しておりません

ので、使用は控えた方が良いでしょう。

 

【弾性着衣選びのポイント③】素材が自分に合っているか?

デリケートな肌の方は

素材により、かぶれる方もいらっしゃいます。

医療用の弾性着衣の中には、

100%コットン素材のものや

質感も種類が豊富で、幅広く選択できます。

 

【弾性着衣選びのポイント④】丈の長さは何がよいか?

膝下までの長さのハイソックスタイプ

太ももまでの長さの股下丈タイプ

腹部まで覆うパンティストッキングタイプ

など・・・

丈の長さがいくつかありますが、

むくみの部位や履きやすさにより選択します。

健常者や高齢者のむくみは

主に膝から下に現れるので、

装着しやすいハイソックスタイプ

がおすすめです

リンパ浮腫など特殊な疾患による浮腫の方は、

たとえ膝から下のむくみだけだとしても、

股下丈またはパンストタイプ

の着用が理想的です。

 

【弾性着衣選びのポイント⑤】つま先ありか?なしか?

上の写真のように、

つま先まで生地で覆われているタイプが

「つま先あり」

ないものが「つま先なし」です。

一見「つま先あり」だと

指先まで圧迫されてむくみが取れそう⁈

と思いがちですが、

指先までしっかり圧をかけるのは難しく、

むくみの改善しやすさの点では

両者に差はないので、

使い心地でお選びください。

冬は寒いのでつま先あり、

夏は暑いのでつま先なし

使い分けている方もいます。

 

【弾性着衣選びのポイント⑥】着用しないほうが良い疾患は?

弾性着衣はむくみを軽減する一方、

血流障害などの疾患をお持ちの方には、

圧迫をかけることで

問題が生じる場合があります。

以下の症状の方は着用を控える、

または医師に相談してください。

 

・抹消動脈閉塞

・筋膜上のバイパスを圧迫する可能性がある場合

・重症心不全

・圧迫用品のアレルギー

・知覚障害や末梢血流障害を伴う重症糖尿病

 

※上記、2021年8月27日:最新の情報に更新しました。

 

 

以上です!皆さん、

自分に適した弾性着衣は見つかりましたか?

 

最後に選択方法と併せて、洗濯方法もご紹介!

 

弾性着衣は洗濯方法により劣化しやすく

圧迫力が落ちて効果が半減して

しまいます。

適切な洗濯方法で劣化を防ぎましょう。

 

【洗濯方法】

手洗い、または

洗濯機を使用する場合ネットに入れて

洗いましょう。

漂白剤、柔軟剤の使用は

劣化が早まるので避け

洗濯洗剤のみ使用しましょう。

 

次回も引き続き、

【圧迫】について説明してまいります!

 

 

 

★「むくみのブログ」は第2水曜日に配信予定です★

※今月はうっかり第1水曜日に配信してしまいました…

 

★太陽堂では皆さまのご意見・ご感想をいただけると大変ありがたいです★
↓ご意見ご感想はメールでコチラまで↓
info@taiyo-dou.com

 


お気軽にお問い合わせください

03-3936-0808

受付時間 9:30〜18:30(日曜定休)


練馬区の訪問マッサージ太陽堂

住所:
〒179-0083
東京都練馬区平和台3-22-19

電話(FAX):
03-3936-0808 (03-3936-0809)

メール:
info@taiyo-dou.com