むくみのブログ⑨ リンパ浮腫とは?その1|東京都練馬区 太陽堂

 

平和台の治療院より、、

 

 

こんにちは!太陽堂の嵯峨野 都です。

すっかり秋らしくなってまいりましたね。

朝晩は冷え込むようになり

この時期は体調も崩しやすいので

皆様、お気を付けくださいね。

 

 

さて、

これまで むくみへの対処法について

いくつか取り上げてまいりました。

むくむ原因は色々あります。

それぞれ、適した対処をすることで

むくみはより改善しやすくなります。

 

中でもリンパ浮腫という

疾患によるむくみは、

正しい理解と対処をすること

がとても重要です。

リンパ浮腫につきましては

これまでも過去のブログで

度々取り上げてまいりましたが、

改めてリンパ浮腫について

くわしく説明してまいりましょう。

 

 

①リンパ浮腫は、リンパ液の流れが障害されて、腕や足にむくみが起こる疾患です。

身体には、血液を運ぶ

血管(動脈・静脈)のように、

身体の老廃物の含んだ水分を運ぶ

リンパ管があり、

排水管の役目をしています。

またリンパ管の途中には

リンパ節があり、

細菌、ウイルス、がん細胞などが

体内での増殖を防ぐ役割を担っています。

そのため、

リンパの組織が障害されると

老廃物の排水が滞り、

リンパ浮腫を発症するのです。

 

②リンパ浮腫の発症原因はいくつかあります。

・原因①:癌が転移したリンパ節を手術で切除した。

 

リンパ浮腫発症の原因として

最も多いものです。

特に乳がん・子宮がん・卵巣がん

によるものが多いため、

患者様の9割は女性です。

大腸がん・前立腺がん・泌尿器系がんでも

リンパ節切除によりリンパ浮腫を発症します。

 

・原因②:放射線療法を受けた。

 

放射線療法により照射範囲内の皮膚下にある

リンパ組織がダメージを受けると

リンパ浮腫を発症することがあります。

 

・原因③:リンパ節にがんが転移した。

がんがリンパ節に転移すると、

浮腫が生じることがあります。

 

原因④:センチネルリンパ節生検を受けた。

乳がんの場合、

がんの転移がないか確認するために、

リンパ節の一部を採取する

「センチネルリンパ節生検」

を行うことがありますが、

それによりリンパ浮腫を

発症することがあります。

 

原因⑤:事故などによる怪我で皮膚を挫傷した。

 

挫傷によりリンパ組織がダメージを受けた事で

浮腫を発症することがあります。

 

原因⑥:リンパの発育に問題がある。

出生時~成長過程でリンパの発育に問題生じ

リンパ浮腫を発症することがあります。

(この場合一次性(原発性)リンパ浮腫といいます)

これは出生時より浮腫が発症する方もいれば、

思春期、出産などのタイミングで

発症する場合もあります。

 

 

以上、おおよそこれらの原因によります。

上記の理由ではないむくみの方で、

「リンパ浮腫と診断された」という方が

時々いらっしゃいますが、

その場合はリンパ浮腫ではなく

別の原因による浮腫かもしれません。

 

・むくみの起こる部位は限定されます。

乳がんなら、わきの下にあるリンパ節を

切除した側の腕、

腹部や足の付け根にある鼠経リンパ節

を切除した場合

片足、もしくは両足

にむくみが起こります。

 

リンパ浮腫は障害されたリンパと

繋がる部位に発症するため、

両腕同時に浮腫が起きたり、

腕と足同時に浮腫が起きることはありません。

 

・リンパ浮腫は一度発症すると治りません。

リンパ節切除を伴う手術をしたからといって、

すべての方がリンパ浮腫を

発症するわけではありません。

ただ、一度発症してしまうと、

生涯むくみと付き合ってゆく

ことになります。

むくみの程度もひとそれぞれ。

時には良くなることもあれば、

悪化することもあります。

むくみと上手に付き合ってゆきましょう。

 

 

 

「むくみのブログ② むくみはどうしてできるの?」

にて説明しましたが、

リンパ管は体内で不要になった

老廃物を含んだ水分を運んでいます。

血管のうち静脈も同様の役割を担っています。

その内訳は、

静脈が90%、残りの10%がリンパ管

と言われています。

※近年、リンパ管はそれよりも

多い量を担っているとも言われています。

 

ですが、その成分は少し異なります。

静脈が排出するのは水分

一方、リンパ管は水分だけでなく、

不要なタンパク質や脂質など

も含んでいます。

 

そのため、リンパ管の働きが悪くなると、

不要になったタンパク質や脂質が排出されず

むくんだ部位に蓄積されてゆくので

硬いむくみになったり、ゆくゆくは

溜まった老廃物が脂肪に置き換わり、

取れにくいむくみになってしまいます。

 

そのため、リンパ浮腫の治療として

一般的なマッサージよりも

リンパの流れを促進する手技である

リンパドレナージが良いと言われています。

 

一般的なマッサージと

リンパドレナージの違いについては、

「むくみのブログ⑧ 正しいむくみの対処法【マッサージ】」

をご覧ください!

 

ただし、リンパ浮腫の治療は

リンパドレナージだけではなかなか効果が

出にくいのが正直なところ。

リンパ浮腫の治療には、

これまでも紹介してきたむくみの対処法である

【挙上】【圧迫】【リンパドレナージ】

の3本柱で治療してゆくのがベストです!

 

※むくみの程度によります。

 

また、間違った指導により

なかなか改善しなかったり、

悪化することも起こりうるので、

正しい知識を持った医療従事者に、

治療方針を立てて頂くこと

が何より大切です。

ひと昔前は、リンパ浮腫の認知が低く、

治療を受けられる施設が

なかなか見つからないという状況が

続いていました。

しかし昨今は、リンパ浮腫外来も増え、

専門的に治療してくれる施設も増えています。

当治療院でも、リンパ浮腫に関するご相談を

承っておりますので、

お気軽にご相談ください!

 

 

 

次回は、

リンパ浮腫患者様にありがちな

リンパ浮腫に関する思い違い事例

まとめてご紹介いたします。

 

 

 

 

 

★「むくみのブログ」は第2水曜日に配信予定です★

 

★太陽堂では皆さまのご意見・ご感想をいただけると大変ありがたいです★
↓ご意見ご感想はメールでコチラまで↓
info@taiyo-dou.com

 

 

 


お気軽にお問い合わせください

03-3936-0808

受付時間 9:30〜18:30(日曜定休)


練馬区の訪問マッサージ太陽堂

住所:
〒179-0083
東京都練馬区平和台3-22-19

電話(FAX):
03-3936-0808 (03-3936-0809)

メール:
info@taiyo-dou.com